頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

生理2日前に頭痛になる それは鎮痛薬ではなく偏頭痛治療薬で治そう

生理頭痛

定期的に、生理2日前から生理後3日間くらいに特に頭痛がひどくなるということはありませんか? 頭痛は生理痛のせいだろうと、鎮痛薬を飲んで我慢していませんか? 

実は、定期的に生理直前になる頭痛は、生理に付随する症状ではなく、りっぱな偏頭痛なのです。

しかも、偏頭痛の中でも特に重い症状です。ですから、生理の症状だと思って鎮痛薬を飲んでも頭痛は改善しません。対処するには、偏頭痛の薬を服用する必要があります。

今回の記事では、生理直前に頭痛が起きる原因と対処方法をご紹介します!

女性の偏頭痛は、10人に6人以上が生理と関係している!

偏頭痛患者には、そもそも女性が多いのですが、その中でも大半が生理に関係した頭痛なのです。専門用語で月経関連偏頭痛と呼びますが、およそ女性の偏頭痛患者の6~7割が月経関連偏頭痛と言われます。

この理由は女性ホルモンの一つであるエストロゲンの増減が関わってきています。このエストロゲンは高温期終末から月経直前にかけて、分泌が急激に減少します。原因は不明なのですが、エストロゲンが急激に減少すると、偏頭痛が起りやすいことがわかってします。

エストロゲンが特に急激に減少する、生理2日前から生理後3日間は特に偏頭痛が起こりやすくなります。その他、排卵日、ピルの休薬期間、分娩後もエストロゲンが減少するため、偏頭痛が起こりやすくなります。
 

生理頭痛に鎮痛薬は効かない! 病院で偏頭痛薬を処方してもらいましょう

月経関連偏頭痛がやっかいなのは、症状が重く、薬が効きにくいことです。市販の鎮痛薬では治りません。月経関連偏頭痛を治療するためには、偏頭痛としての治療をする必要があるのです。

市販の鎮痛薬を使っていると、効き目が悪いからといって大量に飲むことで、薬物乱用頭痛を引き起こしてしまう懸念もあります。

病院に行けば、月経関連偏頭痛によく効き、薬物乱用頭痛になる危険性の少ない薬を処方してもらうことができます。また、必要に応じて、頭痛を予防する予防薬を処方してもらえます。
 

自分の頭痛が生理頭痛かどうかを知ることは極めて重要

月経関連偏頭痛は、生理の周期と関係はしていますが、全ての女性が月経関連偏頭痛になるわけではありません。女性ホルモンの増減と関係するため、比較的生理の周期が安定している女性のほうが、月経関連偏頭痛になりやすいと言われています。

あなたの頭痛が、生理に関係する月経関連偏頭痛であるかどうかを知ることはとても重要です。なぜなら、月経関連偏頭痛とその他の頭痛、もしくはPMS(月経前症候群)では治療方針が大きく異なってくるからです。

それでは、月経関連偏頭痛かどうかどのように判別すればよいでしょうか。月経関連偏頭痛は、生理中に起きる頭痛とは区別されます。月経関連偏頭痛は生理2日前~生理後3日間に起きる頭痛です。

病院で正しく診断してもらうためにも、頭痛ダイアリーを使って自分の頭痛の周期を記録するようにしましょう。記憶というのは曖昧なものです。自分では生理前後によく頭痛が起きると思っていても、記録してみると違っているということもよくあります。

せっかく病院に行ったのに、頭痛の記録がないために月経関連偏頭痛か判断できないと言われたら、悲しいですよね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

閃輝暗点
芥川龍之介や卑弥呼も経験した閃輝暗点 それは片頭痛の前兆です

目の前にキラキラした光が現れる、ギザギザ模様が見えるというの …

授乳中のお母さん
妊娠中の片頭痛治療はどうすればよいのか?絶対に避けるべき薬とは何か?

妊娠中は女性ホルモンの変化の影響で、妊婦の8割くらいの方は片 …

17121379_m (1)
片頭痛の原因 片頭痛が起きるまでの4ステップ

片頭痛が起きるメカニズム4ステップ 1. 刺激を受けて脳血管 …