頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

空腹時の頭痛に甘いものは要注意!痛みを緩和する3つの方法

空腹でイライラ

空腹になると頭痛が起きると感じることはありませんか? 実は空腹は頭痛を引き起こす要因の一つなのです。空腹時の低血糖状態が原因です。

空腹時の頭痛は、何かを食べることによって解消することができますが、低血糖状態を解消しようと安易に甘いものを口にすると、次なる頭痛を引き起こす可能性があります。

今回の記事では、空腹で頭痛が起きるメカニズムと、空腹になっても頭痛を引き起こしにくくする体質改善方法をご紹介します。

空腹は身体にとってストレスです

お腹が空くとイライラすることはありませんか? もしくは、あなたの周りにお腹がするとイライラする人はいませんか?

このようなイライラは、不思議なくらい、ご飯を食べることによってすーぅと治まります。

空腹になるとイライラする原因も頭痛になる原因も同じです。空腹で血糖値が下がった状態になると、身体は栄養分が足りなくなったと感じます。

そのため、身体はそれに対処するため、アドレナリンなどのホルモンを分泌させて、身体を維持しようとします。

アドレナリンは闘いの時や興奮状態の時にも分泌されるホルモンです。

身体にとって血糖値が下がった状態というのは、闘いや興奮と同じで、一種のストレス状態なのです。

このストレス状態によって、身体の中に活性酸素が生み出され、頭痛を引き起こします。


安易に甘いもので空腹を満たすのは危険

空腹によるイライラや頭痛は、食べ物を食べて、低血糖状態を解消すれば治まります。

「血糖値を上げるには甘いもの」と考えて、チョコレートやビスケットを食べるのは考えものです。

もちろん、今起きてしまっている頭痛に対処するために甘いものを食べるのはやむを得ないのですが、空腹で頭痛がしたら甘いものを食べればいいという考えは、次なる頭痛を引き起こす可能性があります。

チョコレートなどお菓子に含まれる糖分は白糖です。白糖は急激に血糖値を上げます。

血糖値を上げるのだから、頭痛対策には良さそうに思えますが、急激に血糖値が上がると、今度は身体が糖分過剰だと認識し、インシュリンを分泌して血糖値を必要以上に下げてしまいます。

急激に上がった血糖値というのは、急激に血糖値が下がりやすく、身体には負担が大きくなります。お腹が空くと感じる期間も長くなってしまいますよね。

身体にとって理想なのは、血糖値が安定的に保たれていることです。

空腹で頭痛を起こさないための食事習慣3つのポイント

血糖値の急激な上下動は頭痛を引き起こす原因となります。ゆっくりと血糖値を上げる食事の仕方をすれば、血糖値を安定的に保つことができ、空腹による頭痛が起きにくくなります。

ここでは血糖値を安定させる食事の仕方3つのポイントをご紹介します。

咀嚼してゆっくりと食べる

早食いも血糖値を急激に上げてしまう要因です。ゆっくりと咀嚼して食べれば、血糖値のあげ方をゆっくりにできます。よく噛むことは唾液の分泌を促進して虫歯予防、リラックス、便秘予防など様々な効果がありますので、ぜひ実践してみて下さい。

食物繊維を先に食べる

食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。食事の最初のほうで食物繊維の豊富な食品を食べるとよいでしょう。朝であれば大麦、ワカメなどをサラダと一緒に食べるとよいでしょう。

お菓子の代わりにフルーツを食べる

食間中にどうしてもお腹が空いてしまうということがあるかと思います。そのような時にお菓子で空腹を満たすのはやめましょう。

前述のとおり、お菓子に含まれる白糖は急激に血糖値を上げてしまいます。同じ糖分でも、果物に含まれる果糖は酵素のお陰で身体の中で比較的ゆっくりと消化されます。

会社などで食間中に果物を食べるのが難しい場合は、どこにでも携帯しやすいドライフルーツがお勧めです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

泣き頭痛
泣くと頭痛 涙に隠された重大なサインとは?

感動的なドラマや映画を観て、ボロボロと泣いた後、頭が痛くなる …

寝起きの頭痛
軽視できない寝起きの頭痛 原因はもしかして脳腫瘍かも

朝起きた時に頭が痛いという経験は誰にでもあると思いますが、寝 …

休日頭痛
日本人がなりやすい休日頭痛 原因はリラックスのしすぎだった!

せっかくの休日なのに、朝から頭痛が・・・ 不思議なことに、な …