頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

頭痛の種類・目的別に選ぶおすすめの頭痛薬

頭痛解消法

鎮痛薬
重度の頭痛は、頭痛外来などの専門の病院で薬を処方してもらったほうがよいですが、軽度から中程度の頭痛は市販薬でも痛みを抑えることが可能です。

今回の記事では、片頭痛、妊娠中、即効性などの観点から、タイプ別のお勧め頭痛薬をご紹介します。

タイプ別お勧め頭痛薬

市販薬には様々なものがあり選択に迷います。種類が豊富なのは、それだけ、人によって効く鎮痛薬の成分が異なるということです。

その中でも、頭痛薬を選ぶ時に気をつけるポイントとしては、なるべく単一成分の薬を選ぶことです。複合成分の薬は習慣化しやすく、薬物乱用頭痛を招く恐れがあります。

今回、ご紹介している市販薬は単一成分のものに限定しています(カフェイン等鎮痛効果を促進する成分や胃を保護する成分を除く)。


中程度の片頭痛にはアスピリン

アスピリンの特徴

  • 軽度から中程度の片頭痛の痛みに対して非常に効果の高い薬です。
  • アスピリンには痛みを根本から断ち切る作用があり、特に問題なければ第1選択薬となります。

アスピリンの主な処方薬

  • アスピリン
  • バファリン

アスピリンを主成分としている主な市販薬

※この中でカフェインが含まれていないものは、バファリンAです。カフェインがだめな方はバファリンAがよいでしょう。


妊婦・子供の頭痛にはアセトアミノフェン

アセトアミノフェンの特徴

  • 安全性の高い薬で、妊娠中や授乳中に使用する場合の第1選択薬です。子供にも使いやすい薬です。
  • 効き目が弱いため、頭痛がひどい場合は十分な効果が得られない場合があります。
  • ※妊娠中の頭痛薬の使用は必ず、医師に相談して下さい。特に妊娠後期は注意が必要です。

アセトアミノフェンの主な処方薬

  • カロナール

アセトアミノフェンを主成分としている主な市販薬


効果が高く安全性の高いイブプロフェン

イブプロフェンの特徴

  • 安全性の高い薬です。
  • アセトアミノフェンよりも効果が高いです。

イブプロフェンの主な処方薬

  • ブルフェン

イブプロフェンを主成分としている主な市販薬


素早い効果を求めるならロキソプロフェン

ロキソプロフェンの特徴

  • 中程度の片頭痛や緊張型頭痛に効果があります。
  • 痛みに早く効きます。

ロキソプロフェンの主な処方薬

  • ロキソニン

ロキソプロフェンを主成分としている主な市販薬


今回は、頭痛の痛みが起きた時に対処するための頭痛薬をご紹介しましたが、頭痛を起こさないための予防策も大事です。合わせてこちらの記事もご覧ください。
片頭痛や緊張型頭痛を予防する頭痛体操のやり方
片頭痛を予防する漢方薬

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

顔のツボ
慢性頭痛や片頭痛に効く顔・耳・手・足のツボ

頭痛、緊張型頭痛、片頭痛の痛みに即効性のあるツボをご紹介しま …

ジェル冷却パッチ
なぜ片頭痛は冷やすと和らぐのか?どこを冷やせばいいのか?

海外だと片頭痛の痛みを和らげるために冷却するのは一般的です。 …

IMG_0824
生理痛と頭痛。痛みを和らげるツボ・食べ物・頭痛薬 頭痛タイプによって対処方法は異なる!

生理痛と頭痛は生理のときの辛い症状です。ひどい人の中には、あ …