頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

生理中の頭痛がひどい!どうして吐き気・寒気・めまいの症状がでるの?

生理中は頭痛に悩まされる女性がたいへん多くみられます。もともと頭痛は男性よりも女性に多く現れる症状で、男性にはなかなか理解できないこともあるようです。特にひどい頭痛を感じる人や、普段はならないのに頭痛になる人が多い生理中。生理中はどうして頭痛症状がでやすいのでしょう?また、頭痛から連鎖して吐き気や寒気、めまいまで起こってしまうというのはなぜでしょう。原因と緩和策について考えてみましょう。

生理中の頭痛はなぜ起こるのか

普段は頭痛持ちではないのに、生理がくると片頭痛がひどいという女性は多くいます。生理中の頭痛に悩む女性のうち、半数以上が生理周期と頭痛が関連していると感じています。生理中の頭痛は、生理開始の2日前から生理3日目頃までに症状を感じる人が多いと知られています。また、生理中に頭痛になる人よりは比較的少なめですが、生理後に頭痛になるという人もいます。

生理周期に合わせて繰り返し起こる頭痛は、女性ホルモンが原因の分泌量が由来しています。生理周期を司る女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つ。2つのうち、頭痛の原因に関わってくるのがエストロゲン(卵胞ホルモン)です。

生理にともなう頭痛は女性ホルモンエストロゲンの分泌量が変わることによって引き起こされています。エストロゲンは生理周期に合わせて大きく変動するホルモンです。特に、排卵日と生理開始期には急激に低下します(排卵前に最も増え、排卵後に急減。排卵後は徐々に増え、生理開始前に減少)。このエストロゲン分泌量の急激な変動が頭痛発作に大きく関係しているのです。

ちなみに、エストロゲン減少にともなって、セロトニンという脳内物質も減少します。セロトニンは精神の安定を保つホルモンです。セロトニンが減少し、脳内の血管が拡張することも頭痛をひどくする要因の一つです。

生理中の頭痛の特徴について

生理中や生理前・後など、生理周期にあわせた頭痛の特徴は、他の時期の頭痛よりも痛みが強く、頻発する特徴があります。頭の片側やこめかみなどにズキズキと痛みを感じる人がほとんどです。身体を動かしたり、大きな音を聞いたりするとより痛むというように、刺激に敏感という特徴もあります。

生理周期に関連する頭痛は「月経関連性片頭痛」と呼ばれ、普通の頭痛よりも症状が重いこと、薬が効きにくいことでも知られています。普段から頭痛持ちの人の中には、生理中の頭痛がさらにひどくなる人が多いです。

生理に関連する頭痛としてもう一つ「緊張型頭痛」があります。生理に関連して起こる緊張型頭痛は、貧血が原因です。生理中は子宮に血が集まり、身体の他の部位への血流が減少します。血流が減少すると酸素不足になり、筋肉がこわばります。

緊張型頭痛の特徴は、頭痛のみならず、肩や首の強いコリ、めまいなども症状として現れることです。吐き気やだるさなどを伴うときは、この緊張型頭痛の場合が多いといわれています。

生理中のひどい片頭痛で注意すること

生理中に起こる頭痛は、ほかの時期の片頭痛に比べて症状が重いことが多くあります。痛みを和らげようと、市販薬を大量に飲んでしまう人もいるようですが、それでも効果がイマイチなことも多いです。

「慢性頭痛の診療ガイドライン」では、生理中の頭痛の緩和にはトリプタン系薬剤の使用を推奨しています。市販の鎮痛薬を多量に服用するのは危険です。場合によっては、薬物乱用頭痛(薬剤を使用しすぎてしまったために起こる副作用のような頭痛)に陥る可能性もあります。生理中のひどい頭痛は一度病院で相談するのが一番でしょう。

生理中の頭痛の症状を和らげる方法

生理中の頭痛は「月経関連片頭痛」のほかに「緊張型頭痛」「PMS」が由来するものもあります。このように生理中の頭痛は似ているようで原因は様々あります。対処法も原因によって異なります。ですからまずは自分の頭痛が何に原因するものかを知ることが大切といえるでしょう。

月経関連片頭痛の場合

月経関連片頭痛はホルモンバランスの乱れが痛みの原因です。ホルモンバランスを整えるためには、疲れやストレスと溜めないようにきちんとした生活習慣を心がけましょう。十分な睡眠と栄養バランスの取れた食事を摂ることがポイントです。

緊張型頭痛の場合

緊張型頭痛は、血液量の減少が由来する頭痛です。普段から貧血にならないよう心がけ、血行を良くすることを意識してみましょう。食事に気を使うことはもちろん、ストレッチやジョギングなど適度な運動を取り入れて血行を改善することも効果的です。

頭痛が起こったら

生理中の頭痛は症状が重く、薬が効きにくい頭痛です。激しい頭痛を感じたら、まずは安静にしてください。気を紛らわそうとして運動をするのはNGです。

頭痛が出ないように日常生活を改善することも大切ですが、それでも頭痛の症状が緩和されないようであれば一度きちんと病院を受診し、痛みに合わせた鎮痛剤を処方してもらいましょう。市販薬の飲み過ぎはまた別の頭痛症状を引き起こす原因にもなりかねませんのでしないようにして下さい。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

子供の頭痛
仮病ではない!理解してあげたい子供の頭痛

子供にも頭痛があります。ただ、症状が大人とは同じではなく、本 …

IMG_0824
生理痛と頭痛。痛みを和らげるツボ・食べ物・頭痛薬 頭痛タイプによって対処方法は異なる!

生理痛と頭痛は生理のときの辛い症状です。ひどい人の中には、あ …

授乳中のお母さん
授乳中に飲んでいい頭痛薬・飲んではいけない頭痛薬

授乳中の頭痛薬の服用は気を使いますよね。頭痛は辛いけど、赤ち …