頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

生理後の頭痛がひどい。どうして吐き気・眠気・肩こりの症状がでるの?対処方法は?

生理前や生理中に頭痛がひどくなるという話はよく耳にしますよね。しかし、生理後こそ頭痛がひどいという人もいます。それどころか、眠気やひどい肩こり、吐き気まで…。生理の煩わしさからやっと解放されたと思ったのになぜ?と不安になってしまいます。
実は、生理の直後に起こる頭痛もホルモンバランスが関連する頭痛。今回は、生理後の頭痛や吐き気・眠気・肩こりの不快な症状の原因と緩和策を紹介します。

生理後の頭痛もホルモンバランスが関連

生理後に頭痛になる女性が実は多くいます。生理前や生理中などは「PMS(月経前症候群)」として知られるようになりましたが、PMSなら生理が終わりに近づくにつれ、症状は軽くなります。ですから、生理が終わったあとの頭痛となると「これは何?」と不思議な気持ちにもなるものです。

しかし、生理後に頭痛が起きるのは、生理前や生理中と同じように女性特有のホルモンバランスの変化が由来しています。生理前〜生理後まではホルモンバランスが変化を繰り返す時期です。つまり、ホルモンバランスの変化と頭痛、そこには深い関係性があることがわかります。

生理後に起こる頭痛の原因

生理後の頭痛のように、生理や月経周期による頭痛は「月経関連片頭痛」と呼ばれています。「月経関連片頭痛」は痛みの強い片頭痛です。

「月経関連片頭痛」の片頭痛はズキンズキンと脈うつような痛みがあります。頻度や長さは普段の片頭痛よりも頻繁で長いことが多く、「辛い」と感じる人が多いのはこのせい。市販の頭痛薬もなかなか効きません。

痛みが強いことから、吐き気やめまい、肩こりなどの付随症状が引き起こされることも多々あります。脳内の血流が悪くなり、眠気を引き起こす原因にもなります。

エストロゲンとセロトニン

生理後にやってくる「月経関連片頭痛」。生理後の頭痛もホルモンバランスが関連していることをお話ししました。
さて、生理後の頭痛が起こるメカニズムを知っていただきましたので、ここからは生理後の頭痛の痛みの原因について説明していきます。

原因1:エストロゲン

片頭痛とは脳の血管の収縮によって引き起こされるものです。月経関連片頭痛を引き起こす女性ホルモン。周期的にやってくる生理はプロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンの分泌が促しています。

そして、2つの女性ホルモンの中でも、「エストロゲン」は血管の収縮と拡張を調整しているホルモンです。エストロゲンは生理前と生理後に分泌量が急減します。これによって血管の収縮が引き起こされ、片頭痛が起こりやすくなっているのです。ちなみに、生理後片頭痛が起きやすいのは生理後3日間といわれています。

原因2:セロトニン

もう一つ、この時期に脳の血管の収縮を促しているのが「セロトニン」という物質です。「セロトニン」は、脳内で働く神経伝達物質の1つです。“幸せホルモン”と呼ばれることもあり、精神的な安定を保つために必要なホルモン物質として知られています。このセロトニンは血流のコントロールも行うとされています。

この「セロトニン」の分泌量に波ができるのがやはり生理前〜生理後です。大量放出されることで脳の血管は収縮され、時間が経ってセロトニンが分解され減少することで収縮していた血管が急激に拡張します。生理後の片頭痛は、血管が急激に拡張する事で強い痛みが引き起こされています。

また、エストロゲンが減少すると、セロトニンも減少します。エストロゲンとセロトニンには関連性があり、ともに普段は分泌量がコントロールされています。それぞれのバランスが乱れることで血管の拡張と収縮が起こり、それが片頭痛の引き金となっているのです。

生理後の片頭痛はどうにかできないものか

悲しいことに、生理後におこる月経関連片頭痛症状が重く、薬が効きにくい頭痛です。ロキソニンなどの市販の鎮痛薬ではなかなか痛みが治りません。

起きてしまった「月経関連片頭痛」を緩和するためには、片頭痛としての治療が必要になります。以下にセルフケアの方法を2つ示しますのでぜひ参考にしてください。

1.頭を冷やす

生理後の頭痛「月経関連片頭痛」は、脳内の血管が拡張されていることで起こっています。そのため頭を冷たいタオルやシートなどで冷やすことが効果的です。ズキズキとうずくこめかみあたりにしばらく冷たいものを当てておくことで、痛みが落ち着くことが多いでしょう。

同時になるべく「脳に刺激を与えるもの」を避けることも効果的。パソコンやスマホ、うるさい場所などを避け、なるべく安静にするのが一番のセルフケアです。

2.マグネシウムを摂取する

「マグネシウム」などのミネラル類は、血管の拡張や収縮をコントロールする作用を持つとされています。マグネシウムは女性ホルモンの作用で減少してしまい、さらに片頭痛が起きているタイミングではなんと通常の半分以下になっていると言われます。

マグネシウム摂取量の目安は、1日400㎎程度です。「にがり」などに多く含まれ、また、サプリからも摂取できますので生活にも目を向けるのもいいでしょう。

もちろん月経関連片頭痛は片頭痛なので病院で薬を処方してもらうこともできます。痛みがひどい人の中には、吐き気やめまいなどの症状がでてきてしまうケースもあります。いくつかの対策をとっても改善されない場合は、日常生活に支障をきたす前に病院で症状に合った薬を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

授乳中のお母さん
授乳中に飲んでいい頭痛薬・飲んではいけない頭痛薬

授乳中の頭痛薬の服用は気を使いますよね。頭痛は辛いけど、赤ち …

女性ホルモンの周期
排卵日の頭痛 辛いけど女性にとって幸せな理由とは?

「排卵日に頭痛が起こるのは女性にとって幸せなこと」というとひ …

IMG_0824
生理痛と頭痛。痛みを和らげるツボ・食べ物・頭痛薬 頭痛タイプによって対処方法は異なる!

生理痛と頭痛は生理のときの辛い症状です。ひどい人の中には、あ …