頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

妊娠中の頭痛 薬は飲んでもいいの?薬以外の対処法は?

薬

妊娠中はあらゆる身体の変化が起こる時期であり、小さなトラブルはつきものと言われています。妊婦トラブルの中でもよくあるのが「頭痛」です。妊娠中に頭痛がひどい場合、薬を飲んでもいいのでしょうか?妊娠中に薬の服用を避けたい場合、薬以外にどんな対処法があるでしょうか。

妊娠中に頭痛になりやすいのはどうして?

妊娠中は頭痛を発症しやすい時期と言われ、頭痛に悩まされる人は珍しくありません。妊娠前まで頭痛持ちでなかった人が片頭痛を発症したり、生理前後に片頭痛を発症していた人が、妊娠をきっかけに慢性的な頭痛に悩まされるようになったりします。

妊婦はどうして頭痛になりやすいのでしょう。妊娠中の頭痛には、いくつかの原因があります。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠すると女性ホルモンの分泌量を中心に、さまざまなホルモンの分泌に変化が起こります。妊娠期間以外でも生理の前や生理中に頭痛になる人が増えますが、これもホルモンバランスの乱れが理由です。

自律神経の乱れ

妊娠してホルモンバランスに変化が起きると、自律神経にも影響が出てきます。妊娠中の頭痛がひどい人の中には、めまいや耳鳴り、胃のむかつきや倦怠感を訴える人も多くみられます。風邪の症状と似ているため、妊娠と気づかないで風邪薬を飲んでしまう人もいます。

貧血

妊娠中の頭痛の原因の一つに「鉄欠乏性貧血」があります。妊娠中は母体と胎児、二人分の鉄分が必要な時です。加えて、特に安定期に入るまではつわりなどで十分な栄養が摂れないこともしばしばあります。貧血の状態は頭痛を引き起こしやすくします。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群になってしまうと頭痛を発症しやすくなります。妊娠高血圧症候群とは妊娠20週以降にかかりやすい症状で、高血圧・蛋白尿などから診断されます。

妊娠高血圧症候群になると、体調が不安定になり、頭痛を誘発します。妊娠高血圧症候群は悪化させると母子ともに命が危険にさらされることもあります。

疲れやストレス

妊娠したことをきかっけにお腹がふくれてくることはもちろん、周囲との関わり方の変化などの生活環境が変わってくることもしばしばあります。さらに、つわりなどで体調が不安定になることで精神的なストレス、不安などをためてしまいがちになります。

ストレスによって自律神経が正常に機能しなくなると、身体が固くなりがちになります。すると血行不良を招き、頭痛が引き起こされることがあります。

妊娠初期の頭痛と妊娠中期以降の頭痛

妊娠期間は超初期から後期までの全期間を通して頭痛が起こりやすいと言えます。安定期に入ってつわりが落ち着いたと思ったら頭痛になる人など、特に妊娠後期にむかって頭痛を発症する人は増える傾向があります。

妊娠後期にむかって頭痛が起こりやすくなり理由は、血管の拡張が起きやすくなるからです。ホルモンの影響で血管拡張が起こりますが、血管拡張が脳の周辺で起きることで頭痛が引き起こされると言われています。

妊娠中の頭痛の対処法

妊娠中の頭痛、程度に個人差はありますが、とても辛いものですね。妊娠する前は、頭痛が起こるたびに市販の鎮痛剤を飲んでいたという人も、妊娠期間中は薬の服用をためらうことが多いものです。

実際、妊娠中に頭痛薬を飲むと、薬の成分によっては「新生児高血圧症」や「羊水過少」など、お腹の赤ちゃんへ影響を及ぼしてしまうことがあります。特に妊娠初期の薬の服用には注意をしてください。妊娠初期は赤ちゃんの体の器官が作られる大切な時期です。

1.妊娠中の頭痛薬の注意

アスピリン

アスピリン含む頭痛薬は妊娠初期と出産予定日12週以内は特に注意が必要とされています。アスピリンを含む市販の頭痛薬は「バファリンA」「バファリン顆粒」「ケロリン」などがあります。

イブプロフェン

イブプロフフェンは飲んでも差し支えないとする場合もあります。しかしイブプロフェンを成分に含む「バファリン」や「イヴ」などの頭痛薬の製造元は、妊娠中の服用は避けたほうが安心としています。また、アスピリンと同じく出産予定日12週以内の服用は避けるべき内容が明記されているので、服用を控えてください。

カロナール

カロナールは頭痛緩和や解熱に使われる薬です。乳幼児の解熱にも処方されることが多くあります。カロナールは妊婦でも比較的安心とされるアセトアミノフェンを主成分とする薬で、医師の診断のもとで処方してもらうことができます。比較的安心・安全な薬として認知されてきましたが、妊娠後期の服用は赤ちゃんに影響を及ぼす可能性も指摘されており、注意が必要です。

タイレノールA

タイレノールAは医師の処方がなくても買うことができるカロナールと似た成分・効果の薬です。市販薬として販売されていますので、病院へ行くことなく入手することができるのですが、妊娠中の場合は医師に相談するように促す文言が明記されています。

2.妊娠中の頭痛、薬を使わない対処法は?

妊娠中の頭痛は薬が絶対的にNGというわけではありませんが、なるべくなら薬に頼らないで痛みを緩和できるのがいいでしょう。症状に合わせて、いくつかの対処法を記します。

頭を冷やす

患部を冷やすというのは目の奥がチカチカするというような「片頭痛」の症状がひどい場合に効果的な対処法です。片頭痛は血管の拡張によって引き起こされてしまう痛みなので、患部を冷やすことで広がった血管の収縮を促すことができます。

くびや肩をマッサージして血行を良くする

後頭部や首筋、背中などが鈍く痛むような頭痛(緊張型頭痛)の場合は、マッサージなどをして血行不良を改善することで痛みが緩和されます。湯船に浸かるのも、リラックス効果もあり症状の緩和につながります。肩やくび筋を温めてあげるのも効果的です。

休養を取る

頭痛がひどいときには、刺激を避けるのが一番です。テレビやパソコン、スマホなどの使用を避け、深呼吸してみましょう。ストレスや疲れも頭痛の引き金になっていますので、頭痛が頻発するときには休養を意識的にとるようにしましょう。

妊娠中の頭痛 まとめ

妊娠中の頭痛は辛いものです。お腹の赤ちゃんへの影響の心配を考えるとなるべく薬はさけたいところですが、我慢のしすぎでストレスになってしまっては頭痛を余計に悪化させてしまうことにもなりかねません。妊娠中の頭痛はストレスや疲れの影響もありますので、なるべく日々リラックスして過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

タバコ頭痛
匂いで偏頭痛・吸って緊張型頭痛 タバコで頭痛になるメカニズムとは

頭痛の種類には大きく分けて、偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3 …

15209207_m
チョコレートで頭痛になる人・治る人 原因は全く別だった!

チョコレートを食べると頭痛になる人と、頭痛になった時にチョコ …

頭痛の種類
頭痛の種類 必ず見つかるあなたの頭痛の原因

頭痛と一口に言っても、その種類は何十種類もあるのをご存知でし …