頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

目をえぐられる痛み!? 逃げ場のない群発頭痛には薬物治療が不可欠

群発頭痛

群発頭痛は極めて特徴的な頭痛であるにも関わらず、医師でもなかなか正しく診断できず、発見が遅れやすい頭痛です。特に偏頭痛と間違えられやすいのですが、中には、歯痛が原因と診断され、歯を抜かれてしまったケースもあります。

群発頭痛の患者さんの中には、あまりの痛みに耐え切れず、インターネットなどで情報収集をして、医師に「群発頭痛ではないか」と伝える人もいます。多くの場合、患者さんの意見は正しいことが多いようです。

残念ながら、現時点で群発頭痛は発作をなくす根本治療の方法は発見されていません。大事なのは、自分が群発頭痛かを見極め、医師に相談し、予防薬と治療薬で生活の質を損なわないよう、うまく群発頭痛と付き合っていくことです。

今回の記事では、群発頭痛の特徴と対処方法を詳しく解説します。

生活を破壊する群発頭痛

群発頭痛は、頭痛の中でも最も痛い頭痛と言われます。麻酔なしで歯を削られる痛み、ハンマーで頭を殴られ続ける痛み、などと表現する人もいます。

あまりの痛みに自分の眼を銃で撃ちぬいてしまったという例もあるくらいです。そこまでいかなくても、痛みのために通常の生活を続けるのが難しくなり、会社を辞めざるを得なくなってしまうケースもあります。

群発頭痛は正しく対処しないと、確実に生活の質を損います。まずは、自分の頭痛が群発頭痛なのかどうか、見極めることから始めましょう。

群発頭痛の症状と特徴

症状
  • 片眼の奥がえぐられるように激しく痛む
  • 頭痛と同じ側の額や顔に汗
  • 頭痛と同じ側の目が充血する、涙が出る、鼻水が出る、まぶたが腫れる
  • 頭のどちらか片側だけが痛む
  • 痛みのためにじっとしてられない



偏頭痛が重症化したものが群発頭痛と思っている人もいますが、群発頭痛と偏頭痛は全く違うものです。

群発頭痛患者さんの場合、あまりの痛さにじっとしていられず動きまわったり、自ら頭を壁にぶつけるなどの行動を取ることがあります。偏頭痛患者さんの場合、動くと痛みが増しますので、このような行動は見られません。

群発頭痛患者さんの中には、群発頭痛が起きない期間に偏頭痛を起こす人がいます。このことが、群発頭痛の発見を遅らせている要因の一つです。

患者本人も時々起きる偏頭痛と群発頭痛を区別することができず、医師に頭痛の症状を正確に伝えられないのです。

「群発頭痛であっても、時おり偏頭痛が起きることがある」ことを知っておくだけで、自分の頭痛の種類を見極めやすくなります。

特徴
  • 頭痛が起こり始めると1~2ヶ月間、毎日のように発生する
  • 1回の頭痛は1時間程度で治まる(15分から3時間の幅)
  • 早朝や明け方など、決まった時間に起こりやすい
  • 群発期は年に1~2回、あるいは数年に1回
  • 痛みのためにじっとしてられない



群発頭痛はいったんおこりはじめると1ヶ月も2ヶ月も毎日続きます。これを群発期と言います。その期間が過ぎると、何事もなかったかのように頭痛は起きません。

群発頭痛になりやすい人
  • 5:1の比率で男性に多い
  • 男性のピークは20-30歳代
  • 最近は女性に発生するケースも増えている
  • 女性の場合は20歳代と60歳代の2つのピーク
  • なぜ男性に多いのかわからないが、ストレス、喫煙、飲酒が原因ではないかと考えられている



群発頭痛は、以前は男性に多い頭痛だったのですが、女性の社会進出とともに群発頭痛は女性にも増加しています。このことからも、ストレスは群発頭痛の原因になっていると考えられます。

群発頭痛の診断までに6年!? 間違えられやすい診断例

  • 重度の偏頭痛
  • 三叉神経痛
  • 虫歯
  • 副鼻腔炎
  • 脳動脈瘤

群発頭痛だと思って病院に行ったのに、上記のような診断をされた場合は要注意です。上記は、群発頭痛の誤診例です。

群発頭痛と正しく診断されるまでに、診断までに平均6年、4人の先生に掛かったというデータもあります。それだけ群発頭痛は一般の医師からすると診断が難しく、間違えられやすいということです。

診断が遅れれば遅れるほど、群発頭痛の痛みに苦しむ期間が長くなり、あなたの生活の質が損なわれます。

この記事を参考にしていただき、群発頭痛が疑われる場合は頭痛専門の頭痛外来に行き、「○○の症状があり、群発頭痛ではないか?」と医師に伝えましょう。

医師にとっても、詳しく頭痛の症状を知ることは正しい診断につながります。

群発頭痛発生のメカニズム

群発頭痛は目の奥が痛みますが、それは目のすぐ後ろを走る内頚(ないけい)動脈の血管に炎症が生じるためです。炎症で拡張した血管が神経を刺激し、神経が痛み物質を放出します。

内頚動脈が炎症する原因ははっきりとはわかっていませんが、体内時計の役割を担っている視床下部が何らかの原因で乱れ、その乱れを内頚動脈を取り巻く三叉神経が「痛み情報」として捉えるためと考えられています。

また、最近では帯状疱疹ウイルスが、群発頭痛の引き金になる可能性もあると考えられています。

群発頭痛を引き起こす危険な誘因

群発頭痛発生のメカニズムは完全に解明されていないものの、群発頭痛を引き起こす誘因はいくつかはっきりしたものがあります。群発頭痛の方は以下のものを避けましょう。

アルコール

群発頭痛の群発期にアルコールを飲むと、数時間以内に確実に群発頭痛を引き起こします。群発頭痛が治まっている寛解期であれば大丈夫ですが、群発期の時は絶対にやめましょう。


タバコ

タバコは、鼻粘膜の三叉神経を刺激します。


飛行機などの気圧の変化

飛行機や登山などの気圧の変化も、血管の拡張で神経を刺激し、群発頭痛の引き金となります。
死ぬほど辛い! 飛行機頭痛をたった5分で解消する方法とは?


睡眠不足

体内時計の乱れは群発頭痛の誘因となります。


バイアグラ

バイアグラで群発頭痛を引き起こす人もいます。血管の拡張作用が原因かも知れません。バイアグラは群発頭痛だけでなく、偏頭痛の原因となることもあります。
イキたいのにイケない!セックス時頭痛はこうして予防する!


お風呂

お風呂で群発頭痛を引き起こす人もいます。血管の拡張作用かも知れません。心当たりのある人はシャワーに切り替えましょう。


群発頭痛の対策

群発頭痛の痛みには、市販の鎮痛剤は全く効果がありません。頭痛外来等で専門の薬を処方してもらいましょう。

現在の医学では、群発頭痛を完治する方法は見つかっていないものの、幸い、生活の根本を揺るがしてしまうような群発頭痛の痛みに対処するための治療薬は開発されています。

この後ご紹介するスマトリプタンは、保険適用されるものの値段が高いため、比較的安価な予防薬と組み合わせて使うのが普通です。

予防薬でなるべく群発頭痛が起きないようにし、起きてしまった場合には治療薬で対処していくということになります。

群発頭痛が起きそうな時期を知る

群発頭痛は春や秋の季節の変わり目に起きやすいと言われています。体内時計が狂い、群発頭痛を引き起こすと考えられます。

群発期に入ると、額から目の周りが赤らんできます。また、寝付きが悪い、夜中によく目が覚めるというのも群発期に入ったサインです。

このような症状が現れたら、医師に相談し、予防薬を検討しましょう。

予防治療

群発頭痛の予防薬には、脳の血管の異常な拡張を抑えるカルシウム拮抗薬のベラパミル(ワソラン)がよく使われます。合わせて、抗てんかん薬のバルプロ酸(デパケン)が使われることもあります。

予防薬を服用することにより、発作の回数や痛みを軽減することができます。

予防薬の効果が出るまでに、2-3週間かかるので、前述のとおり自分が群発期に入ったかどうかを早めに知ることが大事です。

治療薬

群発頭痛の治療薬には、スマトリプタンの皮下注射が使われます。5分程度で効果が現れます。

このスマトリプタンの皮下注射は、医師の処方の元、自分で扱うことができます。群発頭痛が起きても自宅で対処できるので、本当に助かります。

自分で注射なんて怖いと思われるかも知れませんが、ボタンを押すだけの簡単なものです。

スマトリプタンの点鼻薬も、注射に比べて即効性は劣りますが効果があります。

飲み薬もありますが、効果が出るまでに1時間以上かかりますので、群発頭痛には向きません。

その他の対処方法

群発頭痛が起きてしまった場合、スマトリプタン以外の方法として、医療用の高濃度酸素を吸入するという方法もあります。70%くらいの患者さんで効果が見られます。ただし、市販の酸素スプレーは酸素濃度が低く効果はありません。

群発頭痛の治療で知っておきたいこと

副腎皮質ホルモン剤は諸刃の剣

群発頭痛の予防薬として、即効性を得るために副腎皮質ホルモン剤のプレドニゾロン(プレドニン)が処方されることがあります。

副腎皮質ホルモン剤を服用することにより、群発頭痛の回数が減り、発作時間も短くなるというメリットがあるのですが、一方で、群発期の期間が長くなるという傾向があります。

また、副腎皮質ホルモン剤を長期で服用すると、顔がむくんできたり、血圧が高くなることがあります。副腎皮質ホルモンは2週間程度に留めるようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

予防
群発頭痛の予防 予防薬で痛みの強さを軽減し頭痛発作回数を減少させる

残念ながら、群発頭痛には有効な予防方法があまりありません。 …

群発頭痛
群発頭痛の症状 群発頭痛の痛みは必ず片側のみ

群発頭痛の症状 群発頭痛の症状は極めて特徴的で、偏頭痛や緊張 …

群発頭痛
群発頭痛の薬と薬以外の治療法

群発頭痛の痛みは激しく、じっとしていることができないほどの痛 …