頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

ボトックス注射による片頭痛治療のメリット・デメリット

ボトックス注射
しわ取りで有名なボトックスですが、片頭痛にも効果があるということで、片頭痛治療の一つとして注目を浴びています。

ただ、まだボトックスによる片頭痛治療のエビデンスは十分ではなく、ボトックス=毒薬、というイメージもあり、副作用などが気になるところですよね。

今回の記事では、そんなボトックスによる片頭痛治療の情報を集めてみました。

ボトックスはどうして片頭痛に効果があるのか

1つは、トリガー・ポイント(Trigger Point)といって、眉間の筋肉にピンチされた三叉神経(感覚神経)の末端が、ボトックスによってリラックスするためと言う説。2つ目は、痛みの神経の末端に作用して緩和するという説、そして最後に、注射部位から逆行性に脳内の神経に影響を及ぼして、痛みをコントロールすると言う説などです。しかし、本当のメカニズムは、まだよくわかっていません。
参考:プラザ形成外科

効果はどのくらいなの?

注射をしてから平均して1~2週間程度で効果が現れるようです。効果は平均して2-3ヶ月、最長で6ヶ月程度続きます。

ただし、全員に効果があるわけではなく、人によって差異があります。80%の人に効果があるという話もありますが、頭痛の回数を1ヶ月に2回程度減らすだけで、それほど大きな効果はない、とする説もあります。

注意したいのが、ボトックス注射による片頭痛治療は永遠に効果が続くというわけではないということ。1回の注射で効果があるのは数ヶ月です。

どのくらいの費用がかかるの?

保険適用外のため、費用は高めです。病院によって異なりますが、4万円程度が目安です。

危険性はないの?

ボトックス注射は、ボツリヌス菌そのものを注射するわけではありません。ボツリヌス菌から有効成分を抽出したものなので、感染の危険性はありません。ただし、注射の内容物が確かなものである必要があります。ボトックス注射を検討する時は、頭痛専門の頭痛外来に相談しましょう。

副作用はどうなの?

筋肉が弛緩するため、まぶたが下がったり、食べにくかったりすることがあります。副作用があった場合でも、薬の効果が切れるとともに回復してきます。

どんな人に向くのか?

ボトックス注射は、片頭痛治療の究極の方法でも唯一の方法でもありません。あくまで、片頭痛治療の選択肢の一つです。他の片頭痛治療を試みたけど改善されない、片頭痛が頻発して薬の量が多いという時に検討するのがよさそうです。

また、ボトックス注射は片頭痛に限らず群発頭痛にも効果があるということですので、治療法の限られた群発頭痛の方には有力な選択肢の一つになることと思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

笑顔
本気で片頭痛を治したい人のためのパーフェクトガイド

片頭痛は治る可能性のあるものです。不思議なことに、なぜか、片 …

授乳中のお母さん
妊娠中の片頭痛治療はどうすればよいのか?絶対に避けるべき薬とは何か?

妊娠中は女性ホルモンの変化の影響で、妊婦の8割くらいの方は片 …

群発頭痛
目をえぐられる痛み!? 逃げ場のない群発頭痛には薬物治療が不可欠

群発頭痛は極めて特徴的な頭痛であるにも関わらず、医師でもなか …