頭痛を治そう!

必ず見つかるあなたのための頭痛解消法

エアコン頭痛を防ぐためにやるべき3つの対策

エアコン
冷房のついた部屋にずっといると頭痛になったり、エアコンの効いている部屋から外に出ると頭痛になるということはありませんか?

原因は身体が冷えることによって脳の血管が収縮すること、その後、血管が拡張することが原因です。エアコンによる頭痛を予防するには、身体を暖めることが基本ですが、それには3つのポイントがあります。

エアコン頭痛を予防する3つの対策

1. 直接エアコンの冷風が当たるのを避ける(特に頭頂)

エアコンで特に身体がダメージを受ける要因が、冷風が直接、身体に当たることです。

自分の家であれば、風向きを変えたり、自分が移動することによってエアコンの冷風を避けることもできますが、会社のオフィスだとなかなか難しいことがありますよね。

エアコンの吹き出し口が自分の席の上だったりすると最悪です。1日中、冷たい空気が頭上を直撃します。身体に悪影響を及ぼさないわけがありません。

会社によっては、エアコンの吹き出し口にダンボールやビニールを貼りつけて、人に直接冷風が当たらないように工夫をしているところも見られますが、美観の問題もあり、そのようなことができる会社は限られているでしょう。

自分で対策する方法として、パーカーのフードをかぶるのがお勧めです。これは冷風から頭頂を守るだけでなく、後に述べる首の温めもできて一石二鳥です。

会社でフードをかぶるのが憚れるという場合は、ストールで頭を覆うだけでも、冷房被害を軽減できると思います。

どんな方法でもよいので、とにかくエアコンの冷風が直接、頭頂部に当たるのを防ぐようにしましょう。

直接の冷風がよくないのは、エアコンに限りません。扇風機でも、風がずっと身体に直撃していると、吐き気や頭痛を起こします。首振りにするなどして当たりっぱなしを避けましょう。

首を防御する

頭痛と密接な関係があるのが、首です。首が冷えると脳の血管が収縮し、頭痛の原因となります。

マフラー、ストールで首を暖めるようにしましょう。マフラー、ストールが手元にない場合、急場しのぎとしてタオルやハンカチを首に巻くようにします。

冷房で身体が冷えているなと感じる時に、首にタオルを巻くと、グッと冷えが和らぐのが感じられると思います。

下半身を暖める

冷房が強いオフィスで、自衛策として上着を何枚も着ている女性を見ることがありますが、見た目ほど身体を暖める効果はありません。(冷房を強めすぎる男性陣への牽制にはなりますが)

身体を暖める時は、特に下半身を暖めることがコツです。ひざ掛けをする、靴下を二重にするなどの対策が効果的です。

特に夏場は、サンダル等で靴下を履かないことが冷えの原因に繋がっていることもありますので、気をつけましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0       
  • 0feedly

関連する記事

かき氷
アイスクリーム頭痛のなぜ?と予防法と治し方

かき氷やアイスクリームを食べた時に前頭部や側頭部がキーンと痛 …

運動時頭痛
運動で頭痛になる人はインドメタシンの予防が効果的!

スポーツは好きだけど、運動をすると激しい頭痛に襲われるので、 …

コンタクトレンズ
コンタクトをつけると頭痛がする時の5つの改善チェックポイント

コンタクトレンズをつけていると頭痛がするという場合、下記の5 …